法務局での印鑑証明の手続きについて

会社として必要な印鑑証明書。設立には必須です。
法務局での印鑑証明書の手続きについて、紹介していきます。
2019/08/23

会社としての実印

法務局へ印鑑申請する前の件です。
会社を設立する際には

(1) 代表取締役(発起人)、役員取締役の実印
※発起人:事業を起こそうとしている当事者、出資をする人

(2) 会社の実印

の両方が必要です。
会社の印として、代表取締役が使用する印鑑を法務局に届出します。
この印鑑が会社の実印となります。
混同しないようにしたいところですね。

実印の印鑑登録についてですが、下のサイトに
個人の実印として認められない印鑑例が記載されており、
注意すべき内容として、紹介します。

簡単な概略ですが、以下の印鑑は不可とあります。

× ゴムや合成樹脂製
× 外枠なし、もしくは文字切れ
× 氏名と判別できない
× 氏名のみじゃないもの
× 8mm < 印鑑サイズ > 20mm以内の正方形に収まらない

また「発起人や取締役に外国人が含まれる場合」についての
印鑑証明書を取得方法についても説明しており
詳しいです。おすすめです。

実印の印鑑登録のやり方
http://kaisya-tukuru.com/study2.html
posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | 会社としての実印